低金利カードローンの返済に遅れたらどうなるのか

これから低金利カードローンを利用するという人は、しっかりと返済期間を守って返済していこうと考えていると思います。

しかし、いざ返済を始めると返済日を忘れていて、返済日が過ぎてしまっていたということや、数日後にはお金が入ってくるのだけど返済日までには間に合わないというようなことがある可能性もゼロではありません。

よって、自分は返済日を絶対に守ると思っている人も、万が一低金利カードローンの返済に遅れてしまったらどうなるのかということは知っておくと良いでしょう。

低金利カードローンの返済の遅延についての対応は業者によって多少異なるとは思いますが、基本的には同じような流れになると思います。

まず、申し込みの際に記載した連絡先に電話がかかってきます。(最近ではメールでお知らせの連絡をするところもあるようです。)

電話では業者の名義ではなく個人名で電話をかけてきてくれるので、仮に本人が電話に出なかったとしても、お金を借りている業者からの電話であるということは知られることはありません。
また、電話がかかってきても恐いお兄さんが早くお金を返せというように恫喝してくるというようなことはないので心配いりません。きちんと遅れている理由を説明して、支払いを行えば良いのです。

それでも返済をしないと郵送で催促状が送られてきたり、それを無視していると職場に連絡がいったりするので、業者からの連絡は絶対に無視しないようにしましょう。

 

カードローン・クレジットカードの遅延損害金について

皆さんのなかにもこれから低金利カードローンを利用したいと思っている人はいると思います。

しかし、これまで低金利カードローンを利用するのはもちろんのこと、お金を借りた経験がないという人であれば、低金利カードローンを利用したいけど、不安があるという人もいるのではないでしょうか。

なかには返済が遅れたりすると恐い取り立てみたいなのがあるのではないかと心配している人もいるかもしれませんね。

しかし、現在ではほとんどの業者が安心して利用することができますし、きちんと業者選びを行えば、仮に返済が遅れたからといって恐い取り立てが行われたりすることもありません。

しかし、返済日に遅れてしまったら、どこの業者であっても遅延損害金というものが発生して、利息とは別に支払い義務が生じるので注意が必要です。

遅延損害金は借金額の20パーセントまで設定することができるようになっていて、多くの業者は上限の20パーセントに設定しています。

それを日割り計算して算出するので遅延した日数が長くなればなるほど遅延損害金が増えてしまうということになります。

返済日をうっかり忘れていたということが今後あるかもしれませんが、気が付いたらなるべく早めに遅延損害金を含めて返済するようにしましょう。

また、返済が遅れてしまうことが事前に分かっているケースであれば、その時点で遅れることを業者へ連絡するようにしましょう。

遅れても遅延損害金を払えばいいのだろうと連絡を怠ると業者への信頼度を大きく落としてしまいます。

これは、カードローンだけでなくクレジットカードでも同じことが言えます。

クレジットカードの場合も支払いに遅れてしまった場合は、遅延損害金を支払うようになります。

また、クレジットカードの場合はカードが停止してしまうので、支払いが完了するまでカードの使用が出来なくなります。

カードが止められたら困るという方は、支払いに遅れないようにする事が大事です。

最悪どうしても支払いが出来ない場合は、カードローンでお金を借りて立て替えて支払いするのも一つの方法です。

※参考サイト→クレジットカード払えない

ただ、次はカードローンの支払いが遅れないように気をつけなければなりませんが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です